カテゴリ:第8回まちカフェ-そば屋巡り編-( 2 )

 

大満足のそば屋巡り!

12月10日(日)、第8回まちカフェ~門前そば食べ歩き編~が無事終了しました。
総勢40名という大所帯、AとBの2グループに分かれてはじめに2軒をまわり、最後の3軒目で合流するというスケジュールでした。

e0080529_13295696.jpgBグループがはじめに訪れたのは権堂町にある「手打ちそば屋 かんだた」です。







【手打ちそば屋 かんだた】
長野県長野市権堂町2320 ビストロハウス1階   
TEL 026-232-3718
http://www.kandata.jp/index.html
e0080529_2201374.jpgもりそばだけでなくそば豆腐も付けていただきました!

e0080529_222058.jpgそばの食べ歩き歴30年の食文化研究家の金子万平さんのお話も興味深いです。

e0080529_2235152.jpg3軒まわるので各店小盛りでお願いしてあるのであっという間に完食。

e0080529_2255945.jpg「かんだた」という店名は芥川龍之介の「蜘蛛の糸」の主人公からとったもの。
おしながきも「油地獄」や「釜ゆで」と洒落ています。
そばが蜘蛛の糸のように細く切れやすいので、とご主人。

e0080529_229377.jpgなるほど、天井には巨大な蜘蛛がお客様を見下ろしてます。

e0080529_230119.jpg次なるお店に向けて表権堂通りを北上する一行。
いつもの中央通りより1本入るだけでちがった趣き。

e0080529_233369.jpg2軒目は大門町の「そば処 元屋」です。




【そば処 元屋(もとや)】
長野市大字長野大門町587-3
TEL 026-232-0668
http://r.gnavi.co.jp/n161600/


e0080529_2343161.jpg厨房の奥では若き店長がおそばを茹でてます。

e0080529_2355780.jpgこちらが元屋さんのもりそばです。
おいしい漬物もいただきました。

e0080529_237179.jpg2軒目でもまだまだお腹は余裕です。

e0080529_239810.jpg店長さんのお話におかみさん(?)も加わり、そばを栽培し自家製粉しているとのこと。
ここの濃いそば湯は体にもいいらしい。

e0080529_2442473.jpg最後に非売品の手作りそばクッキーのデザートまで。

e0080529_2473891.jpg最後の3軒目に向かうころには日も暮れてきました。

e0080529_2484940.jpg3軒目は東之門町の「そば処 小菅亭」です。
ここでAグループと合流です。



【そば処 小菅亭(こすげてい)】
長野市東之門町 367
TEL 026-232-2439
http://www.tuiteru.com/gr/kosugetei/


e0080529_250568.jpg店内には縁起がいい招き猫が処狭しと並んでます。

e0080529_253572.jpgおそばが茹で上がるまでは、善光寺境内の鐘の横で生まれたというご主人の面白いお話で笑わせてもらいました。
昭和天皇はじめ皇族方や渥美清など有名人も多く来店している老舗です。

e0080529_2573671.jpg150年前のせいろに盛られたもりそば。

e0080529_1644036.jpg天ぷらの盛り合わせはお店のご好意で、珍しいりんごの天ぷらも!

e0080529_2584365.jpg金子さんもひっぱりだこでそばのレクチャーです。

e0080529_323415.jpg「おいしいそば屋だけじゃなくたまにはおいしくないそば屋にも行って、“おいしくない”と言って欲しい。それがこの地域のそば屋全体のレベルをあげることになるんです」と金子さん。

e0080529_372349.jpg最後は参加者が自己紹介と感想などを一言ずつ。
参加者同士の交流もまちカフェの大切な目的のひとつです。

e0080529_1245385.jpg
やはり締めは集合写真で。
(せっかく買った一眼レフのデジカメでも、まだよく操作がわからないのでオートフォーカスでしか撮れなく、後ろの方は暗くなってしまいました・・・山浦カメラマンのようにはいきませんね)

解散となったあとも金子さんの著書を買い求めたり、参加者で交流を深めてたりとそれぞれ名残惜しそうに第8回まちカフェ~門前そば食べ歩き編~が終了しました。

これまでのまちカフェアンケートのなかでも一番希望が多かったおそばの食べ歩き、やっと実現でき好評のうちに終えることができましたのは、「かんだた」「元屋」「小菅亭」の3軒のおそば屋さんのご協力があってこそです。
「大人数で小盛り」という上がりが悪く手間のかかる仕事を快く引き受けてくださり、そればかりか、そば豆腐、そばクッキー、天ぷらと各店サービス満点で、本当にありがとうございました。

また、金子さんもお忙しいなかご同行いただきありがとうございました。
辛口の批評もさすがプロ、そば好きの参加者もうならせるお話でした。

そして、参加してくださったみなさま、ありがとうございました。

「まち短信 第2号」は → こちら


**********


やっぱり食べ物の企画は終わったあとの満足感が違いますね(笑)
「食して和する」まちカフェの真骨頂です。
今後の企画もがんばります!

e0080529_94876.jpgさて、最後におまけですが、もうすぐクリスマスですね。
今回のそば屋編の企画会議を兼ねてトイーゴのSBC棟1階に新しくOPENしたリゾートレストラン「TRISARA(トリサラ)」に行ったんですが、クリスマスにぴったりな雰囲気なんです。

前もって予約していたので一人ずつ名前が書かれたメニューシートやメッセージカード、デザートにはなんとチョコで描かれた「まちカフェ」のロゴも(ブログで調べてくれたんです)!
このサービスにスタッフみな感激しました。
トリサラのスタッフのみなさん、ありがとうございました。

【TRISARA(トリサラ)】 
長野市問御所1200トイーゴSBC1階
TEL 026-231-6066



次回のまちカフェは2月上旬くらいを予定してます(内容は何も決まってませんが・・・)。
詳細が決まり次第UPしますのでお楽しみに。

では、よいお年を!(ちょっと早いかな・・・)
[PR]

by machi_cafe | 2006-12-11 03:50 | 第8回まちカフェ-そば屋巡り編-  

第8回まちカフェ~門前そば食べ歩き編~

お待たせしました!
やっと詳細が決まりましたのでお知らせします。
今回は、第1回まちカフェからみなさまのリクエストが多かった「おそば屋さん巡り」です!
これまでも何回か企画しようとしたのですが諸事情により延期になってました。
やっと、開催の運びとなり、スタッフも一安心です。
e0080529_16421747.gif
今回訪問するおそば屋さんは、小菅亭(東之門町)、そば処 元屋(大門町)、手打ちそば屋 かんだた(鶴賀権堂町)の3軒です。
老舗から最近オープンしたお店まで、バリエーション豊かに食べ歩きできます。
各店一人前をちゃんと召し上がりたい人も多いでしょうが、さすがに3軒なので小盛りでお願いしています。

暮れの忙しい時期に各お店に無理なお願いを聞いていただき、今回の食べ歩きが実現しました(しかも元屋さんは午後3時過ぎはお休みなのに開けてくださいます)。
時間がお昼ごはんには遅く夕ご飯には早い微妙な時間(15:30~18:00)となってしまいましたがご了承ください。

さて、どのように食べ歩くかというと、はじめは2グループに分かれて「元屋」と「かんだた」に分かれて食べに行きます。
そして入れ替えてそれぞれ2軒を訪ねた後、最後の3軒目の「小菅亭」で合流してみんなでゆっくりおしゃべりタイムとなります(もちろんお蕎麦もいただきます)。

また、そばの食べ歩きを30年続け、そば関係の著書も多いそば評論家の金子万平さんも参加してくださいますので、面白いお話が聞けますよ!

◎金子万平(かねこまんぺい)さんプロフィール
1941年、上田市生まれ。東京大学文学部卒業。長野県農文協理事などを歴任。
民俗学、食文化研究家、フリーランスのライターとして多方面で活躍。
著書 『修那羅峠の石神仏』『信州そばの話』『おやき・焼餅の話』(以上、銀河書房)
    『信州そば百選』(川辺書林)、『信州センチメンタルジャーニー』(実業之日本社)
    『真田一族のふるさと』(信濃毎日新聞社)、『ムラのきた道』(信毎書籍出版センター)
    『信州そばちょっとおいしい話』『郷愁の味脱線話』(自費出版)など

■参加費■ 2000円
■申込み■ TEL 026-232-4178(えんがわ)
         メールフォームでのお申込みは こちら
[PR]

by machi_cafe | 2006-11-27 10:55 | 第8回まちカフェ-そば屋巡り編-