<   2006年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

ぜんざいの試食会

e0080529_18182663.jpg
本日、清水屋旅館さんにて、まちカフェ灯明まつり編で最後に登場する予定の「ぜんざい」を試食させていただきました。今回のまちカフェ用に考えてくださったのは「生麩」を使ったぜんざい。上品で、なおかつボリュームもたっぷり。体も心もあったまります!

※今日のは生麩がちょっとビッグサイズ過ぎましたので、一口サイズに切っていただくことになりました。
[PR]

by machi_cafe | 2006-01-25 18:11 | 第3回まちカフェ-灯明まつり編-  

村づくり会議

本日、麻績村の有志で作る「村づくり会議」の会長さんが偶然来店されました。
「村づくり会議」は「村民参加の村づくり」を合い言葉に、それぞれのテーマを見つけ独自の活動をしてきたグループの集合体だそうです。
その内の一つ、観光部会では現在、塩尻市の洗馬宿から長野市の善光寺を結ぶ「善光寺西街道」に目をつけ、これを「祈りの道」として街道おこしをしようと活動中です。
今年は3月にシンポジウムを開催するほか、4月から11月にかけて実際に街道を歩くイベントも企画中とのこと。11月には丹波島宿から善光寺を歩く予定。
これまでの活動は下記アドレスから見ることができます。
まちカフェの話しを会長さんにしたところ、大変興味を持ってくださり、2月18日の「灯明まつり編」に参加したいとのこと! 参考になる話しが聞けるかも知れませんね。http://www.geocities.jp/infoomi/group/kankou.htm (えんがわ)
[PR]

by machi_cafe | 2006-01-23 18:07 | まちのニュース  

おまたせしました!

e0080529_18283862.jpg年に一度の五色化粧に精進料理はいかが?

今年で3回目を迎える善光寺の灯明まつり(2月11日~19日)。
淵之坊で精進料理、白蓮坊のギャルリ蓮で万華鏡の世界、最後に大門町の清水屋旅館であたたかい甘味を味わいながらまちのことについておしゃべりしませんか?

■日 時 2月18日(土)16:30~20:00
■受 付 16:30 カフェ+まち案内「えんがわ」(大門町・ぱてぃお大門入口)
■内 容 
17:00 淵之坊「如月の宵-灯明(あかり)御膳-」五色法飯と聖徳太子像ご開扉
18:00 白蓮坊ギャルリ蓮「万華鏡-小宇宙の旅」を宿坊広間にて鑑賞。
19:00 清水屋旅館 老舗旅館の大広間にて、あたたかいぜんざいをいただく。
20:00 解 散
■参加費 2000円(お料理などすべて含みます)
■申込方法 TEL 026-232-4178(えんがわ)定員30名になり次第締切
■主 催 ながのまちづくりカフェ



今回はマイカップの持参はありません。
白蓮坊ギャルリ蓮で20分ほど万華鏡の世界を鑑賞後、19時まで各自自由に散策できます。
清水屋旅館さんでは生麩(よもぎ麩)のぜんざいを検討しているそうです(楽しみですねー)。
当日は中央通りのセントラルスクエアから北側が夕方6時から歩行者天国になります。
あたたかい格好でお越しください。

満員御礼!
おかげさまで定員に達しましたので応募を締め切らせていただきました。


長野灯明まつりの公式ホームページは → こちら
淵之坊さんの精進料理は → こちら
ギャルリ蓮さんの万華鏡の世界は → こちら
[PR]

by machi_cafe | 2006-01-22 01:09 | 第3回まちカフェ-灯明まつり編-  

いけいけ須坂

今、まちカフェのスタッフの間ではちょっとした須坂ブームになっております。

とりあえずはこちらをご覧ください。 → いけいけすざか

須坂市の公認ポータルサイトとのことですが、この内容の充実振りに脱帽です。
(須坂市役所のホームページが“いきいきすざか”でこちらが“いけいけすざか”というネーミングもNICE!)

須坂市では、「蔵の街」としての情報発信やまちと市民のネットワーク化などを熱心に取り組んでいるそうです。
そして、須坂市の様々な分野のインターネット上のネットワークが、“いけいけすざか”を一つの核としてできつつあるそうです。

すばらしい!

まちづくりと情報発信は切っても切れない重要なことですよねー
あらためて勉強になりました。

(スノハラ)
[PR]

by machi_cafe | 2006-01-14 17:35 | まちのニュース  

あけましておめでとうございます

e0080529_15552990.jpg昨年の忘年会で次回まちカフェの告知らしきものをしてからちょっとご無沙汰してましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

今年も引き続き長野のまちを知って楽しむ「まちカフェ」を開催していきます!
(第3回まちカフェの詳細は今しばらくお待ちください)

そして、新企画スタートです!

名づけて「まちノート~みんなの足あと~」

みなさんは昨年の愛・地球博には行きましたか?
そこで「漂流日記~旅するノート~」を手にした方はいらっしゃいますか?

万博の市民プロジェクトのひとつで、大学生や高校生が中心となってはじめた「リレー形式の交換日記」です。
ひとつのテーマ(例えば「あなたの大切なものは何ですか?」)に対して答えをノートに記し次の人に渡していくというアナログ的で予測不可能なつながりと参加のしやすさが特徴です。
最後はそのノートをポストに投函して事務局に戻ってきます。
2005冊放流して250冊程度が帰還しています。

その手法を長野で、しかもまちづくりに生かそうと私たちは考えました。
それが「まちノート~みんなの足あと~」です。

「漂流日記」は文字通り世界各地をノートが漂流してますが、「まちノート」は原則として長野市近郊に範囲を限定してノートを回してもらいます。
また、ノートのテーマは「まちカフェ」のおしゃべり編にてみなさんと一緒に考えていきたいと思っています(例えば「長野のまちの好きなところは?」)。

このノートを手にした多くの人が長野のまちについて関心を持ってくれたらいいな、と。

e0080529_15411627.jpg実際にそのプロジェクトを企画運営しているスタッフの方たちにも会って来ました(名古屋にて)。
とっても素敵な学生さんたちで、今も活動を続けています。
「漂流日記」も「まちノート」もお互いに情報交換をし、これも新たな「つながり」として発展していければいいなと思います。

「まちノート」はいま企画を練りながら、実験的にすでにはじめているところもあります。
とりあえず100冊、目標500冊の放流を目指します。

「まちノート」をスタートさせる「まちカフェ」の日程が決まりましたらまたお知らせしますので、是非みなさんお越しください。

漂流日記公式ページ → こちら

漂流日記研究所ブログ → こちら
[PR]

by machi_cafe | 2006-01-04 15:58 | ながのまちづくりカフェ