<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

お寺で豆本づくり みんな無事に完成しました!

去る6月25日(日)長野市中央通り沿い北石堂町にあるかるかや山西光寺 さんにおいて、第5回まちカフェ~お寺で豆本づくり編~が開催されました。
今回も約40名以上のみなさんが参加してくださり、盛況のうちに終了することができました。場所を提供してくださいました西光寺の皆様、そして参加してくれたみなさん、どうもありがとうございました!!

●午後3時~3時40分●
まずは最初に本堂にて、お寺の奥様である竹沢繁子さんによる絵解きでスタート。
参加者のみなさんもほとんどが絵解きを聞くのは始めて。流暢で臨場感ある刈萱(かるかや)上人・石堂丸親子のお話にみんな聞き入っていました。

e0080529_0205633.jpg














引き続き、江戸時代に作られたという十王像の前へみんなで移動。
中央にいる上段にいるのは、閻魔大王。仏教でのそれぞれの仏様や菩薩様たちなどの役割を分かりやすく説明いただきました。
その奥には地獄絵が・・ (今回は時間の都合上ゆっくりお話が聞けなくて残念でした)
昔の人たちは字も読めない方が多かったので、ビジュアルの力をかりて布教活動をされていたとのことでした。


e0080529_025277.jpg















かるかや山西光寺の建立は古く、鎌倉初期、源頼朝が亡くなったといわれる1199年とのこと。お寺にはさまざまな歴史的ご遺物がたくさん残されています。
絵解きや十王巡りの説明などは、奥様がこのお寺に嫁がれてから文献などを調べて自分で作られたそうです。お寺の本堂は常時空けられいて、参拝者は気楽に絵解きなどを聞くことができます。
まだ未体験のみなさん、一度奥様のお話を聞きに行ってみてくださいね。

e0080529_035740.jpg


●午後3時40分~5時30分●
庫裏(くり)に移動して豆本作り
今回の豆本は、スタッフの江守さんが、今回の講師をしてくださる金子さんからいただいた豆本が事の発端。豆本の魅力をみんなに伝えたいという一心で企画がスタートしたものです。

e0080529_0471964.jpg














講師の金子晴雄先生(写真中央↓)。今回は一人ずつに、豆本のキットを用意してくださり、わかりやすく解説してくださいました。
各テーブルには、事前に豆本作りを体験したまちカフェ組のみなさんがついて、参加者にひと工程ずつ説明しながら作成しました。
この豆本作り、かわいいばかりではなく、本の製本の基本がぎっちり詰まっています。一度作ってみると本がどのように作れらているか少しわかります。

e0080529_0503640.jpg















西光寺の子供さんと若奥さんも一緒に豆本作りに参加してくれました!
今回の参加者は年齢層の幅が広く、小学生から○△?歳の方まで。子供さんたちが一緒に参加してくれると、イベントってとても明るく、楽しくなりますね。

e0080529_053341.jpg















この後豆本が無事作成できたところで、桜枝町にある峰福堂本店さんにこの日のために特別作っていただいた小さな豆大福をいただきながら、みんなでお茶タイム。
同じアイテムを使っても、それぞれ作った人ごとに微妙に出来上がりが違う!手作りの良さですね。
最後には、お寺の住職さんがお見えになり、「ごくあたりまえになっている、この世の中を日々感謝していきましょう」とありがたいご法話までいただきました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

さてさて、豆本はこれから本の中身に何を入れるかが一番の楽しみ。

ここで、企画者江守さんのコメント。

豆本は、作る楽しさに加えて、自分だけの大切なモノを記録する楽しさ、大切な人へプレゼントする楽しさがあると思います。
今回は、本当に手始めの豆本づくりしかできませんでしたが、手作りの楽しさ、良さは、このまちカフェの共通認識事項でありますので、今後もその点をうまく参加者に伝えていきたいなと感じています。


そして、
早速翌日、まちカフェ宛てに参加者のY・Yさんからこんなうれしいメールをいただきました。
  
  1年がかりで撮りためた
  母の育てた花の写真を縮小して貼り付け
  86歳の母の1ヶ月遅れの誕生日プレゼントにしました。
  糊が付いてしまって色が移ってしまった写真もありましたが
  「花の色は 移りにけりな いたづらに、、、、」 と、歌を詠んでごまかしておきました。


e0080529_0544762.jpg


豆本て、なにか大切なものをぎゅうっと凝縮して大事にする。なんだか今流行っているのが少しうなずけますね。
みなさんは何を豆本の中にいれますか?



e0080529_11575061.jpg***********

今回のまちカフェレポートはスタッフのH嬢プレゼンツです。
さすがにお寺の僧侶ということもあって西光寺さんのくだりはさすがです。
これからもよろしくです!(スノ)

[PR]

by machi_cafe | 2006-06-30 01:42 | 第5回まちカフェ‐お寺で豆本‐  

RadicationStyle

明日21日(水)の午後5時15分頃からFM naganoにスイッチON!

さてさて、誰が出るのでしょうか・・・(ウフフ)

まちノートもいよいよ電波に乗って捜索願いです。
[PR]

by machi_cafe | 2006-06-20 20:01 | おしらせ  

名古屋出張です

6月24、25日に名古屋で万博1周年記念イベントがあります(25日はまちカフェの日!)。

そこでまちノートの本家「漂流日記」のプログラムがあります。
詳しくは こちら
漂流日記は今やまちノート以外にも名古屋の「さくらやまノート」、また「富士山会議」とも連携し、様々なかたちで新しいムーブメントを生み出しています。
これはすごいパワーです。

漂流日記は出展と40分の講演もあり、なんとそこで「まちノート」も紹介してくれることになりました。

祝!名古屋デビュー!

e0080529_12312384.jpgしかも「名古屋発まちノート」 もちゃっかり回してもらいます!
テーマは『長野といえば・・・』 というベタな質問で、5冊です。

さて、本家の土壌で「まちノート」は受け入れられるのでしょうか?無事に帰還するのでしょうか?

これまで漂流させずに「えんがわ」や「フレア」に置いてあったノート5冊も資料として出張させます。

わが子を旅に出す気分ですね・・・(わが子いないけど)
[PR]

by machi_cafe | 2006-06-19 22:11 | まちノート  

豆本づくりって面白い!

e0080529_18385970.jpg

昨日6月6日(オーメンだー)に、金子晴雄さんのご指導のもとまちカフェ組のみなさんと一緒に豆本づくりのリハーサルをしました。
みなさん遅くまでお疲れ様でした。

担当スタッフのE嬢いわく・・・
何より、「豆本づくりって、面白い!」というのが実感です。
「みんなで作業する。」「思いを込めて作り上げる」冊子を作るということだけで、とても連帯感を感じられるイベントになると思います。良かったぁ。
この日につくった豆本にはこれまでのまちカフェの記録などを入れて25日のまちカフェでみなさんに披露しようと思ってます。
そして、写真等を入れ込むために13冊の豆本を持ち帰ったY氏は・・・
手元にある豆本たちは、どれも個性的でにやにやしながら 眺めてます。
まわりから怪しまれない程度にしてくださいね。
参加していただいたまちカフェ組メンバーからも・・・
本当に楽しかったです。25日も楽しみにしています。

昨日の作業ですっかり豆本に惚れてしまいました。小さいけどすばらしいです。
どのコメントも「偽装」「粉飾」ではありませんよ!
あえていうならメールからの「盗作・・・いえいえオマージュ」です。

e0080529_18532294.jpgとにかく、豆本づくりって楽しくって愛着がわくということです。
作業はそんなに難しくはありませんので(ほんとか?)小学生でも大人と一緒なら作れると思います。

●6月25日開催の第5回まちカフェ~お寺で豆本づくり編~ は、親子でのご参加も受け付けてますので、詳しくはこちら

あ、そういえば数日前の「はなまるマーケット」で中尾彬さんが豆本を紹介してましたね。
[PR]

by machi_cafe | 2006-06-07 18:59 | まちカフェ組